特定看護師に関する要望書提出についてのご報告

【2010年03月19日】
社団法人 日本麻酔科学会
理事長 森田 潔


 現在、厚生労働省の、「チーム医療の推進に関する検討会」で看護師の役割拡大について議論されています。素案として「特定看護師(仮称)」の創設が提示されております。

 素案では、現状の問題点として、看護師が行える「診療の補助」の範囲が限定的であり、チーム医療促進のため、一定の医学的教育を受け、相応の実務経験があることを前提に、高度な臨床能力を持つ看護師向けの資格として「特定看護師(仮称)」を導入すべきとされています。
(※詳細は添付ファイルにてご確認下さい)

 特定看護師(仮称)の導入に関し、日本麻酔科学会は、昨日以下の要望書を民主党幹事長、厚生労働省政務官宛に提出いたしましたのでご報告いたします。

【要望書】

【特定看護師】

このページの先頭へ