麻酔科医の指定薬物密輸入による逮捕報道に関する理事長声明

【2016年05月10日】

各位

公益社団法人日本麻酔科学会
理事長 外 須美夫


 本日(5月10日)、日本麻酔科学会会員が法律で規制されている指定薬物が入った瓶を密輸入したとして医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕されたとの報道がなされました。
 この報道及び被疑内容が仮に事実とすれば、国民の生命を預かる麻酔科医としてあるまじき行為であり、非常に残念なことです。
 会員の皆様におかれましては、あらためて高い倫理観を持ち、ひとりひとりが責任ある行動をとっていただくようお願いします。


このページの先頭へ